顧客管理ソフト

ネット経由の顧客管理ソフト「セールスフォース」

ネット経由の顧客管理ソフト「セールスフォース」

 

顧客管理ソフトで「セールスフォース」という言葉を最近、よく耳にするかもしれません。アメリカ・カリフォルニア州が本社のCRMソリューションを中心としたSaaSタイプのクラウドコンピューティング・サービスを提供する企業です。このサービスは、ビジネスアプリケーション、アプリケーション・プラットフォームをインターネット経由で提供しています。日本の東京をはじめ、アイルランドのダブリン、シンガポールなどに地域拠点があります。

 

セールスフォースのサービスは16言語で利用可能です。2009年10月末現在、世界67,900社で導入されて200万人以上のユーザーがいて、日本では2,200社67万ユーザーが利用しているそうです。

 

サービスは、SaaS型アプリケーションの「Salesforce CRM」、PaaSと呼ばれる「Force.com」プラットフォームの2つに分けられます。

 

前者は、クラウドコンピューティングモデルの統合CRM(顧客関係管理)アプリケーションです。SFA(営業支援システム)、マーケティング、サービス&サポート、代理店管理、モバイル、アイデアス、コンテンツ管理の各アプリケーションに加えてGoogle AppsやGoogle AdWordsとの連携アプリケーションも提供しています。

 

後者は、クラウドコンピューティングモデルのアプリケーションを開発するためのプラットフォームです。インフラ、データベース、インテグレーション、ロジック、ユーザーインターフェースといったアプリケーション開発に必要な要素を備えています。