顧客管理ソフト

顧客管理ソフト「弥生」とライブドア

顧客管理ソフト「弥生」とライブドア

 

日本における顧客管理ソフトの代表格が「弥生」です。弥生株式会社は、東京都千代田区に本社のあるビジネスソフト開発会社で、かつてライブドア(現在のLDH、ライブドアホールディングス)の傘下企業でした。

 

現在、弥生シリーズというさまざまなソフトを販売しています。タレントの菊川怜さんを起用したキャンペーンを目にしたことがあるかもしれません。

 

例えば、会計ソフトの「弥生会計」、販売管理ソフトの「弥生販売」、給与計算ソフトの「弥生給与」、顧客管理ソフトの「弥生顧客」、青色申告ソフトの「やよいの青色申告」、さらにオンラインバンキングソフト「バンクナウ」などがあげられます。

 

弥生は1978年、日本オールシステムズ、のちの日本マイコンとして設立され、1980年のシステムハウスミルキーウェイ設立を経て、1987年に弥生シリーズの販売を開始しました。1997年、インテュイットとミルキーウェイ、日本マイコンが合併してインテュイットとなり、2003年、経営陣による自社買収、MBOによってインテュイットから独立して弥生となりました。社長が平松庚三氏だったことで知られています。

 

さらに2004年12月、ライブドアの子会社となったものの、2006年1月24日、親会社だった当時ライブドアの堀江貴文社長の逮捕で平松庚三社長が急遽ライブドア社長に就任したのは記憶に新しいのではないでしょうか。そして、2007年9月、特別目的会社の株式会社MBKP1に株式を譲渡されて、今日に至ります。